生活と暮らし

海外旅行を計画したら忘れずに

 円高やウォン安なども手伝って、海外旅行はさらに身近になっています。旅先の観光名所や気候、風習などもばっちり計画をたてて安心している方、ちょっと待って。その荷物は大丈夫ですか?

 昨今の国際線は荷物の重量や手荷物に対し、厳格な決まりがあります。機内には100mlを超えるあらゆる液体の持込が禁止されています。この「液体」とは、ヘアジェルや歯磨き粉を含むので要注意です。ただし医薬品やベビーミルクなどの例外もあるので、事前にウェブサイトで確認しておくとよいでしょう。また、国によって持ち込めるお金の金額も異なりますし、予防接種も済ませておいた方がよい国や地域もあります。外務省のホームページで旅行先の安全情報も入手しておきましょう。

 さらにアメリカにお出かけになる際は、今年1月から始まった電子渡航空認証システム『ESTA』も忘れてはいけません。第三国へ渡航する途中でアメリカを通過する際もESTAは必要です。渡航の72時間前までオンライン申請できますが、できればお早めに。旅行代理店などで代理申請をしてくれる場合もあるので、自分で行うのが難しければ確認してみましょう。さまざまな制限や義務をクリアして旅行にのぞむ。そこからすでに旅は始まっているのです。

※参考:外務省 海外安全ホームページ http://www.anzen.mofa.go.jp/
成田国際空港公式Webサイト http://www.narita-airport.jp/jp/
在日米国大使館 http://japan.usembassy.gov/tj-main.html

2009年4月3日(金)

相談・お問合せ