• HOME
  • 事例集
  • 借金を残して死亡された場合の事例

借金を残して死亡された場合の事例:服部忠典司法書士事務所(北九州小倉南区)

相続放棄をすることになりました

親が亡くなったとき、借金があれば、その子は借金を払う義務があります。これは理解できます。 しかし、自分や親が借金をしていなくても、付き合いのない親戚の借金を支払う義務が発生する場合があります。

例えば、Aさんの父親の兄弟が亡くなって、その兄弟の借金を請求されるという場合です。 Aさんの父親は、何年も前に亡くなっており、今では父親の兄弟との付き合いがまったくない状況ですので、その兄弟が亡くなったという事実も知らされておりませんでした。

ある日、遠方の市役所から、その兄弟の住民税が滞納になっているので支払ってください、という連絡が来ました。 理由を聞くと、「その人の子供が相続放棄したので、あなたに住民税を支払う義務があります。」との説明がありました。

亡くなった人の子供が相続放棄すると、その子供は最初から相続人ではないことになるので、亡くなった人に子供がいないのと同じことになります。
つまり、次順位の相続人は兄弟の両親になりますが通常兄弟の両親は亡くなっていますので、亡くなった人の兄弟が相続人になります。
そして、兄弟がすでに亡くなっている場合は、その兄弟の子供が相続人になります。これを代襲相続といいます。

この場合、従兄弟が相続放棄し、Aさんの父親は、すでに亡くなっているので、Aさんが相続人になります。

法律上はともかく、心情的にはAさんに関係のない住民税は払いたくないと思うのは当然です。 そこで、Aさんは、司法書士に相談し、相続放棄をすることになりました。 これをしないと滞納した住民税を支払わなければいけません。
しかも、相続放棄の申述、申立は、亡くなった人の住所地の家庭裁判所にしなければいけません

この様な場合には、是非服部司法書士事務所(0120-1212-18:北九州小倉南区)へご相談ください。

相談・お問合せ