子供のいないAさん夫妻の遺言:服部忠典司法書士事務所(北九州小倉南区)

夫が妻に、妻が夫に、お互いに遺産の全てを相続させる

少し前までは、どちらかが亡くなれば、それぞれ家屋敷や預貯金を全て相手が相続するとばかり思っていました。それが、親しい友人のご主人が亡なったことをきっかけに考えが変わったのです。その友人も、子供のいない夫婦であった為、相続する際に夫の兄弟に認証ハンコをもらうのが大変でした。それがきっかけで夫側の親戚と大変気まずい関係になってしまい、一時は人間不信になったということです。実際、法律上は亡くなった配偶者の兄弟にも相続権がある(父母が生きていれば父母に相続権がある)為、事は簡単に運びません。最悪の場合、唯一の財産である自宅を処分し、分配しなければならない事にもなります。ここで有効な対策としては、夫が妻に、妻が夫に、お互いに遺産の全てを相続させるという内容の遺言書を作成しておくことです。 Aさん夫妻もこの方式に従い、遺言書を作成する運びとなりました。形式は公証人の作成する公正証書遺言。私が立会い証人となり、Aさん夫妻と共に公証役場に出向き遺言書を作成してもらいました。Aさん夫妻には遺言書の正本をお渡しし、謄本は事務所管理室に大切に保管しています。

相談・お問合せ