北九州の司法書士 福岡・北九州の裁判支援

簡易裁判所代理権:服部忠典司法書士事務所(0120-1212-18:北九州小倉南区)

福岡・北九州の無料相談

司法書士は、簡易裁判所において民事事件の代理人活動、またそれに伴う法律相談を業務として行うことができます。それにより、紛争の性格や金額、解決までに要する時間等に応じて、弁護士・司法書士を選択し、迅速な司法手続きが実現されていくことになります。 さらに、今まで「争いの場」という認識が強く、近づきにくかった裁判所をひとつの話し合いの場所として利用していくなど、紛争解決の手段としての裁判手続がもっと身近になるように、司法書士は活躍していきます。

あなたの代理人として裁判を行います

  • 賃貸借契約に伴う紛争建物明渡請求、敷金返還請求などを請求したいとき、請求を受けたとき。
  • 貸金、保証債務、手形金、請負代金、売買代金、未払賃金などを請求したいとき、請求を受けたとき。
  • 消費者契約に伴う紛争クレジット代金などの請求を受けたが、クーリングオフや消費者契約法、割賦販売法、特定商取引法などにより請求を拒絶したいとき
  • 債務整理関係取引経過の開示請求をし、利息制限法に引き直しをしたら、過払があることが判明したとき(不当利得返還請求)
  • その他の原因で裁判を起こしたいとき、起こされたとき。
福岡・北九州の賃貸借契約のことなら 相談・お問合せ 福岡・北九州の未払い賃金を解決
北九州の債務整理なら