福岡・北九州の裁判に関するご相談 福岡・北九州の提出書類

裁判関係書類作成:服部忠典司法書士事務所(0120-1212-18:北九州小倉南区)

司法書士の仕事の一つに「裁判所に提出する書類の作成」があります。依頼者から適切なヒアリングを行い、その訴えを法に基づいて構成します。そして、もっとも効果的な方法を考え、書面にします。また、裁判を維持していくための助言や指導などを行っています。

本人訴訟をする決断の目安(例)
内容が単純な場合
価格が少額である場合
相手が訴訟しないことが明白である場合
証拠が決定的である場合
福岡・北九州の民事訴訟

あなたの訴訟を支援いたします。

日本の民事訴訟は本人訴訟が中心となっていますが、近年事件数が増加の傾向をたどっているのは、以前に比べ、はるかに個人の法律に関する知識や関心が高まり、訴えを起こしやすい環境になっていることが一因と考えられます。

訴訟は本来、本人が起こすものですが、普通の市民が一人で訴訟を起こしていくのは容易なことではありません。そのような場合、特に地方などで大きな役割を果たしているのが司法書士です。

民事訴訟事件全般
訴状、答弁書、準備書面、証拠申出書、証拠説明書、各種申立書等関係書類の作成
破産、民事再生申立事件
各申立書など関係書類の作成
民事保全(仮差押、仮処分)申立事件
各申立書など関係書類の作成
民事執行(不動産、動産、債権の強制執行)申立事件
各申立書など関係書類の作成
家事事件(離婚、遺産分割など)に関する調停、訴訟事件
申立書、訴状等関係書類の作成
福岡北九州の訴訟を支援

司法書士は以後の方針を確認するために裁判を傍聴します。簡易裁判では依頼者の代理人として法廷に立つこともあります。

福岡・北九州の裁判なら 相談・お問合せ 司法書士なら代理人として法定に
福岡・北九州の民事執行